穴井隆将嫁は8歳上の姉さん女房 2019現在の活動は?

2010年に世界柔道で金メダルを獲得するなど引退まで数々の成績を残された穴井隆将さん

奥様とお子さん、そして現在の活動を調査してみました!


スポンサーリンク


穴井隆将さんプロフィール


出典元:wikipedia

生年月日:1984年8月5日(35歳)*2019.8月現在

出生地:大分県

身長:187㎝

学歴:天理高校→天理大学

所属:天理大学職員

☆2013年現役引退

主な成績2009年世界選手権100㎏級銅メダル
2010年ワールドマスターズ100㎏級金メダル
2010年世界選手権100㎏級金メダルetc…

穴井隆将さんの奥様は姉さん女房

穴井さんは2009年に8歳年上の職場の同僚の方とご結婚されています。

2009年の1月に交際がスタートし、6月にプロポーズ
そしていい夫婦の日の2009年11月22日に挙式されています。

現在お子さんが2人いらっしゃるそうです。

Twitterでお子さんの小さい頃の画像を発見しました!

こちらは上のお子さんでしょうか。
かわいいですね
お子さんもお父様の影響を受け、柔道の道に進まれるのでしょうか。

年子のお子さんのようですね。

理由は分かりませんがTwitterは2012年の10月に辞められており
その後の画像などはみつかりませんでした。

2009年のご結婚から10年目
奥様と2人のお子様に囲まれ、素敵なご家庭を築かれているのではないでしょうか。


スポンサーリンク


現役引退後から現在の活動

2013年に現役を引退されてからは、

ご卒業された天理大学柔道部の副監督として就任

2014年からは監督として選手の指導をされているようです。

「心の底から柔道を楽しめる、本当に純粋な気持ちで戦える選手をつくりたいですね」

と現役引退後にコメントされています。

また、穴井さんは東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が設置したアスリート委員会の委員にも選定されています。

アスリート委員会に参加されて、

私が属しているアスリート委員会は、アスリートの目線を持って、オリンピックやパラリンピックをどのように盛り上げていくかということを考えるところです。
委員は選手として、オリンピック・パラリンピックに出場した方ばかりなので、経験者だからこそ感じることが、話し合いの中でたくさん出てきますね。
試合においてベストを尽くすということは、もちろん第一にあるのですが、それ以外にオリンピック、パラリンピックならではの、国際的な友好を深めるのも重要なことだと考えています。
また選手村で生活をするにあたっても、過ごしやすい環境を整えるなど、総合的な視野を持って、大会を盛り上げられたら良いなと思いますね。
私は、柔道の代表として会議に参加させて頂いていて、柔道選手の目線で話をしつつ、他の競技のオリンピアン、パラリンピアンの意見を聞いて、「あ、なるほど」と勉強させて頂くことも多く、とても良い機会だなと思います。
オリンピックにこういった形で参加させて頂くことができ、とても光栄です。

とコメントを残されています。

また、現在はテレビ中継の柔道解説者としてメディアに出る事も多く、幅広くご活躍されているようです。

2020年東京オリンピックに向けて、たくさんのメダリストを育てて頂きたいですね。

今後のご活躍応援しております。


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする