市川三恵子理容室の名前はカットスペース701!少女隊懐かし画像あり!

少女隊(チーコ)として活躍された市川三恵子さん

現在はご夫婦で理容室を経営されているそうです。

少女隊時代の懐かしい画像とともに、

市川三恵子さんの理容室なども調べてみました。

スポンサーリンク



市川三恵子さんプロフィール


一番右が市川さん 出典元:スポニチ

生年月日:1969年12月8日(49歳)*2019.11月現在

出身地:東京都立川市

血液型:A型

☆1984年にミホ、レイコ、チーコの3人ユニット『少女隊』としてデビュー

☆1985年8月 椎間板ヘルニアの為、少女隊を脱退

少女隊デビューから脱退まで

市川三恵子さんは少女隊デビュー当時中学3年生

12畳程の部屋でメンバー3人と暮らしていました。

当時は朝7時に家を出て学校、そして仕事をして夜中の3.4時に帰宅

睡眠時間2時間という生活を送り、ご飯を食べる暇さへなかったそうです。

過酷すぎますよね。そしてまだ成長期でもある中学3年生。

デビューから半年程でヘルニアを患ってしまい、それでも半年間休まず仕事をし続けました。

その結果悪化。そして1985年の夏のツアー中に倒れてしまい休業

そしてその間に新しいメンバーが加入し、そのまま芸能界をフェードアウトとなります。

入院して治療、リハビリを行ったそうですが松葉杖なしで歩けるようになるまでに1年半もかかったそうです。

過酷と壮絶さを感じますね。そんな市川三恵子さんの少女隊時代画像、動画を探してみました。

スポンサーリンク



市川三恵子現在は理容室を夫婦で経営

市川さんは22歳で理容師の方と結婚し、28歳でご夫婦でお店を構え
市川さんご自身も39歳の時に3年間理容学校に通い、免許を取得されました。

ご夫婦で経営されている、理容室の名前はカットスペース701というお店です。

ご住所:東京都国立市石田662 矢川南マンション102

2016年10月からお店を移転し、現在マンションの1階で理容室をされているようです。

芸能界で活躍後、また新たにご自身で理容師の資格を取り
ご自身の道をしっかりと歩まれている市川三恵子さん素敵ですね。

少女隊時代に活躍されていた頃を知っている方は、まさかチーコが理容師になるなんて
予測もしていなかったと思います。

人生ってどんな展開が待っているか分からないから、素敵でありおもしろいなと思いました。

市川さんの理容師としてのご活躍心より応援しています!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする