どんぐり(女優)インスタで深田恭子と2ショット!ダウンタウンの同期を逃すも遅咲き転身劇

ヒット映画『カメラを止めるな!』でプロデューサー役や、

ドラマ「ルパンの娘」で深田恭子さんの祖母役を務めるなど

女優としてインパクト大!などんぐりさん

一度みたら忘れない印象を与える、どんぐりさんに注目してみました。


スポンサーリンク


どんぐりさんプロフィール

本名:竹原芳子

生年月日:1960年2月10日 59歳(2019年9月現在)

出身地:大阪府

身長:150㎝

職業:女優、お笑いタレント

深田恭子さんともお友達?年齢を感じさせないインスタ画像

フジテレビ系連続ドラマ「ルパンの娘」で深田恭子さんの祖母役でご出演されたどんぐりさん

なんと深田恭子さんから、夏祭りのお誘いがあり出かけられたそうです。

深田さん、どんぐりさんそれぞれインスタにアップされていて仲の良さが伺えますね。

ツイッターではお二人のインスタを見て、こんな声もあがっています

お二人の愛らしさが本当にとっても癒やされますね。


スポンサーリンク


どんぐり遅咲き転身劇!本当はダウンタウンと同期になるはずだった

どんぐりさんの現在女優として活動されるまでの転身がすごいのです。

どんぐりさんは、21歳の時の1982年にNSC(吉本総合芸能学院)の1期生募集を見て応募しようとしたそうですが、周囲の反対もあり断念されたそうです。

もしこの時NSCに入っていたら、ダウンタウンと同期になるはずだったともコメントされていました。

NSCの1期生と言えばダウンタウンのお二人が有名ですよね。

NSC1期生ダウンタウン
トミーズ
ハイヒール etc…

早々たるメンバーとお顔を並べていたかもしれないと思うとすごいですね。

そして、このNSCの募集を断念された後どうされたかと言うとどんぐりさんは、

証券会社で営業職として働き、40歳の時には裁判所で臨時の事務官として働いていたそうです。

ここから少しずつ転機のはじまりだったようです。

裁判所での勤務で自分の話が相手にうまく伝わらず話し方教室に通い、

その流れで2007年頃に落語教室に通い始めたそうです。

落語を通して表現する楽しさを体感し、裁判所勤務のままアマチュア落語家といして高座にあがるようになったそうです。

そして50代になった2010年、1度断念したNSC大阪校に33期生として入所されたそうです。

NSC33期生コロコロチキチキペッパーズ
霜降り明星
ZAZY
マユリカ
きみどり

そしてどんぐりという芸名でピン芸人として活動されますが、

お笑い活動からは次第に離れていき、

55歳の頃に芝居の勉強をしたいと思いはじめ、ワークショップへ通いはじめたそうです。

2016年には間寛平さんが座長を務める務める「劇団間座」の公演に参加し女優活動を開始されたそうです。

そしてどんぐりさんの見た目と耳に残る大阪弁でインパクトと知名度を上げた映画「カメラを止めるな!」にご出演

2018年9月13日には8年間所属された、よしもとを離れ、映画24区に所属されたそうです。

所属された映画24区は映画業界に強いパイプを持ち、俳優や脚本家の育成を得意する会社のようですので、今後女優としてさらに邁進されるのではないでしょうか。

独特な印象を与え、一度みたら忘れない!そんな印象を与えますね。

50歳を過ぎてからの遅咲きですが、諦めらめず行動する事

そして人生に歳は関係ないと思わせて頂いた転身劇でした。

今後のどんぐりさんの活躍に注目していきたいと思います!


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする