舘ひろし年齢は2019年現在69歳!握手から学んだ渡哲也との関係

『あぶない刑事』などにご出演され、

今尚ご活躍されている舘ひろしさん

昔からダンディなお姿は現在もお変わりなく

2019年現在なんと年齢は69歳だそうです

最近ではラグビーワールドカップ2019日本大会のPRキャプテンも務められている

舘ひろしさんにスポットを当ててみました!

スポンサーリンク


舘ひろしさんプロフィール

生年月日:1950年3月31日(69歳)*2019.9月現在

出生地:愛知県名古屋市中区

身長:179㎝

血液型:A型

☆1975年デビュー

☆1983年石原プロモーションへ入社

主な出演作品『西部警察』『あぶない刑事』『刑事貴族』『功名が辻』『パパとムスメの7日間』etc…

スポンサーリンク


握手から学んだ渡哲也との関係

舘ひろしさんと言えば、故石原裕次郎さんが設立し社長を務められた、

石原プロに所属されている事で有名です。

石原軍団の愛称でも親しまれていますよね。

石原プロモーション所属俳優石原裕次郎、渡哲也、神田正輝、館ひろし、徳重聡etc…

本当にダンディな俳優陣が揃われていますね。

館ひろしさんが、石原プロに入ったきっかけは、

当時社長であった石原裕次郎さんではなく、渡哲也さんに憧れてだったそうです。

館ひろしさんと渡哲也さんとの初対面は、館ひろしさんが石原プロに所属する前に渡哲也さんに挨拶のために訪れた喫茶店だったそうです。

渡哲也さんは静かに館ひろしさんを待っていたそうで、

『渡です。舘君ですね』

スッと立ち上がり握手をされたそうです。

自分よりも大先輩でありキャリアもある方が、

自ら立ち上がり握手されるとは、

この一幕だけでも渡哲也さんの人間の大きさが伺えますよね。

館さんは当時を振り返り、こんなコメントを残されています。

この日のことはいつも思い出します。僕の俳優としての佇まい、自分より若い人へのあり方の基本となっていると思います。

その後、共演された『西部警察』の撮影に入り、渡哲也さんとと過ごす時間の中で、

“この人についていきたい”

と思ったそうです。その後石原プロモーション入りをされています。

そして、常々こんなアドバイスも渡さんから受けていたそうです。

「芝居をうまくなるな」

一瞬、よく分からないですよね??俳優なのに芝居をうまくやるな??

一体どういう意味が込められているのでしょうか?

その解釈について館さんは、

「小芝居をするなというか、先代の石原裕次郎さんもそうですが、人生を丸ごと演じるような俳優になれという意味だと思うんです」

と語られています。

とても深いですね。

役者の先輩、そして人生の先輩として出会った渡哲也さん。

館ひろしさんの人生の中で、渡哲也さんとの出会いは
間違いなく自分を変えた、今の館ひろしさんを造りあげた出会いだったのではないでしょうか。
素敵な人生に欠かせない出会いだったのですね。

ダンディなお姿いつまでも見続けたいですね。
今後の活躍応援しています。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする