同志社香里ダンス部川口紗依は可愛いだけじゃないコーチ不在のリーダーシップ力

同志社香里高校ダンス部の部長を務めていた川口紗依さんが可愛いと話題になっています。

川口紗依とはどんな方なのでしょうか?

そしてバブリーダンスで一躍注目を浴びた登美丘高校の2連覇を破り
2年連続優勝した同志社香里高校

優勝までにどんな過程があったのでしょうか?


スポンサーリンク



川口紗依が可愛い!と話題

名前:川口紗依(かわぐちさえ)

学歴:同志社香里高校→同志社大学経済学部在学中(2019.10月現在大学1年生)

同志社香里高校ダンス部が強豪校の登美丘高校ダンス部を破り見事2年連続優勝!

そして部長の川口さんが世間でかわいいと話題になりました。

笑顔の愛らしい、とても可愛い女の子という印象ですよね。

ただ彼女可愛いだけではありません!


スポンサーリンク



川口紗依は可愛いだけじゃないリーダーシップ力

同志社香里高校のダンス部ですが、

コーチ不在で先輩が後輩を指導するスタイルをとっているそうです。

ゼロからダンスのテーマ、フォーメンションなど全てを生徒のみで創り出すダンス

そしてその中心となっていたのが川口さんです。

こちらの動画を見て頂くと分かるように、

とりあえず良くなさ過ぎて
どこの場面もよくなかった
悪目立ちする人に目がいかなかった
みんなのダンスが弱すぎて悲しかった

と涙を流しメンバーへ訴えかける川口さんにぐっときてしまいました。

ダンスへ懸ける想いと、そして本当に心からいいダンスを創り出したいという想いが感じられますね。

人に嫌われるから言いずらい・・・

そんな想いを抱えて生きている方もたくさんいると思いますが

本当に良くしたい、そして絶対みんなとならできる!そんな強い想いを持ち、

純粋に想う気持ちがあるからこそ、メンバーへも伝わる。

先頭に立つリーダーシップ力が半端ないです。

2015,2016年2連覇をしている登美丘高校を破り、2017年に優勝した同志社香里高校。

川口さん率いる2018年も優勝に挑むプレッシャーの中

「苦闘」というテーマを掲げ、苦しささへも表現するという全てを見せたダンス

そして2018年見事優勝を果たされています。

そして大会終了後の最後は、

衣装を作成してくれた保護者へ感謝の気持ちを忘れずに伝える川口さんにも

ぐっときてしまいました。

リーダーシップを取る事は誰でもできる事ではありません。

自分で考え、まとめあげ、人を導く力

この経験がこれからどのように生かされていくのでしょうか。

まだ10代の川口さん。これからどんな女性に成長していくのか楽しみですね。

彼女のこれからの活躍にも期待したいです!

関連記事:登美丘高校振付師akane引退理由は2つの絶対叶えたい夢の為?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする