ウェールズをネギで応援する理由は国章!ラグビー応援動画あり!世間の反応は?

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で準決勝のウェールズ×南アフリカの試合で

客席でネギを持って声援を送った日本人ファンの姿に注目が集まっています!

なぜネギなのでしょうか?

調べてみました!

スポンサーリンク



ラグビーワールドカップ ウェールズ代表 2019


出典元:https://the-ans.jp

世界ランキング:5位

出場回数:9大会連続9度目

優勝回数:0回

愛称:レッドドラゴン

ワールドカップの成績1987年 – 3位
1991年 – プール戦敗退
1995年 – プール戦敗退
1999年 – ベスト8
2003年 – ベスト8
2007年 – プール戦敗退
2011年 – 4位
2015年 – ベスト8
2019年 –
2023年 - 出場権獲得

関連記事:ウェールズラグビー代表選手は温泉に衝撃?!ラグビーW杯で感じた日本文化を尊重する愛!

スポンサーリンク



ウェールズをネギで応援する理由は国章!

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で準決勝で世界ランク3位のウェールズが

4位の南アフリカに16-19で惜敗しました。

ウェールズは敗退してしまいましたが、

客席でネギを持って声援を送った日本人ファンに注目が集まっています。

何故ネギ??と思われた方たくさんいらっしゃると思います。

私も見た時、びっくりしました!!斬新すぎる!!

ネギを持って応援した理由はウェールズの国章が理由だったようです。

ウェールズの国家を象徴する国章は、『黄水仙』と『リーク(長ネギ)』だそうです。

だからネギを持っていたのですね。

考えついた方素晴らしい応援アイディアだと思います!

ネギを持った応援の世間の反応は?

ネギの香りを嗅ぎながらの観戦というのは、思わず笑ってしまいました。笑

確かにネギは臭いますしね・・・。

本当にインパクトのある応援だと思います!

ウェールズ母国の英紙「デイリーメール」では、

「喜びの日本人サポーターたちがウェールズと南アフリカの準決勝で長ネギを持ってダンス、ツイッター上でラグビーファンを感動させる」と見出しを打って特集したようです。

「ラグビーファンが長ネギを持ってダンスする姿が発見され、ツイッターは喜びに溢れた」と記し、スタジアムのカメラが長ネギを振る日本人ファンを捉えたことを紹介

「ツイッターユーザーたちは喜びを抑えることができなかった」など

ネット上には「オーマイゴッド。この日本人たち、長ネギを持って踊っている」

「日本のファンが大好き」などの声が上がったことをレポートしたようです。

試合には敗れてしまったウェールズですが、日本人ファンの斬新なネギを持った声援姿は記憶に残るものになったのではないでしょうか。

次回のワールドカップのウェールズ戦は日本人のネギ応援が拡散し

ネギを持った応援サポーターが多数見られるかもしれないですね!

会場ネギ臭でいっぱいかも・・・。笑

次回のワールドカップまで楽しみです!

関連記事:ウェールズラグビー代表選手は温泉に衝撃?!ラグビーW杯で感じた日本文化を尊重する愛!
関連記事:山崎紘菜ラグビー効果で人気急上昇!ロスの声も!勝利の女神は努力の女神!?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする